矯正治療の歩み
ホーム - 矯正治療 - 矯正治療の歩み
 
 
 
矯正治療の分野において、あまり大きな進化が起こることは稀です。以前は、歯を効果的に動かすためにステンレス製のバンドで各々の歯を固定していました。この方法では、 ステンレス製のワイヤーが、歯を動かす負荷の為に用いられていましたが、その負荷は非常に高いもので、患者の痛みの原因となっていました。また半分以上を金属で覆われた歯は、口元の印象をとても醜くしていました。治療中の患者さんは、よく「メタル・マウス(金属製の口)」と呼ばれたりしていました。
 
 
最初の大きな変化は、1970年中期に始まりました。歯に直接接着する矯正器具が紹介されたのです。この矯正器具は、見栄えの悪いメタルバンドを使わずにブラケットと呼ばれる矯正器具だけを直接歯の表面に固定します。従来の歯全体を固定していた施術に比べて格段に痛みは軽減されましたが、その反面、このブラケットでは接着力が弱くなり、大臼歯(奥歯)には適しませんでした。その為奥歯にメタルバンドを着ける事を余儀なくされていました。
 
二度目の革命は、1970年後半に起こりました。ニッケルチタン製の形状記憶ワイヤーが紹介されたのです。この技術は、アメリカ航空宇宙局(NASA)から得ました。宇宙衛星を造る時に使われていたワイヤーです。これら形状記憶ワイヤーの導入によって数ヶ月間歯を動かす効果を持続することが出来る様になりました。 また、負荷も少なくなり、痛みも随分軽減されました。

1980‐90年代には大きな進化はなかったものの、2つの小さな進歩はありました。装着に用いる接着剤が改良されましたし、奥歯につけるブラケットもメタルバンドなしの物(現在使われているもの)が開発されたのもこの時期です。その後、ニッケルチタン製のワイヤーは、格段に柔軟性のあるものに取って代わりました。このスーパーワイヤーは歯を動かす効果をより長く継続する事が出来、また負荷を少なくすることが出来ました。

 
 
2000年の始め以降、矯正技術に非常に大きな変化が訪れ、大躍進を遂げました。 全く新しいタイプの矯正器具(ブラケット)が、開発されました。この方法では、少ない負荷・少ない摩擦で治療を進めることが出来ます。デモン・ブラケットと呼ばれる器具と、スーパー形状記憶ニッケルチタンワイヤのコンビネーションに改良された接着剤を使うことにより、歯をより早く、また痛みを少なく治療することが出来るようになりました。従来の方法では抜歯を余儀なくされていたケースでも、現在では、抜歯をせずに治療が出来るようになりました。誰もがあこがれる「ハリウッド・スマイル」がもっと身近に手に入れることが出来る様になったのです。その大きな特長は、金属と樹脂を合成して作 ったブラケットです。金属だけのブラケットより、ずっと目立ちにくいものになりました。
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

Invisalign - Clear aligners
 
 
 
 
矯正歯科医師 Dr Loh Kai Wohは、2001年初頭にこの最新技術出会ってからは、ほぼ100%の患者にこのシステムでの治療を進めています。このシステムをアジア各地に伝授するために日本、タイ、中国、マレーシア、フィリピン、インドネシアに訪れています。

また下記の国際学会では、この最新技術に対する基調講演に招かれています。
札幌での招待講演(2004年)の模様と日本語抄録
 
 

Bringing Beautiful Smiles to Beautiful People